日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小田晋吾社長)は、新年度や新学期に向けた拡販を目的とした4つの「新生活応援キャンペーン」を3月1日から開始した。

 キャンペーンでは日本HPのデスクトップPC、ノートPC、PDAとHP以外のメーカー製品をセットにした限定モデルをオンラインストア「HP Directplus」とコールセンターで販売する。

 1つ目は「マルチメディアTFTセット」で、AMD製CPU搭載の省スペースデスクトップPC「HP Business Desktop dx5150 SF/CT」「HP Business Desktop dx5150 MT/CT」と液晶TVをセットした。

 価格は、「dx5150 SF/CT」とI・O DATA製32V型ハイビジョン対応液晶テレビのセットが14万9940円から。シャープ製23型IT-TVのセットが11万9910円から。200セット限定で販売する。また、TV番組のPC本体への録画も可能にするエルザジャパン製TVチューナ・キャプチャカード「ELSA EX-VISION 1500TV」もオプションで用意する。

 ノートPC「HP Compaq Notebook nx4820/CT」と複合プリンタ「HP Photosmart 2575」のセットモデルは500台用意する。価格は13万9650円から。他のプリンタとのセットも可能。

 B5モバイルノートPC「HP Compaq Notebook nx4300」にインナーケースや小型マウスをセットにしたモデルは500台用意した。3年間の保証アップグレードやガイドブックも付属する。価格は12万9990円から。

 コンパクトフラッシュ(CF Type II)、SDIO/MMCの2つのカードスロットを搭載したPDA「HP iPAQ hx2110 Pocket PC」に、専用ケースや電子辞書ソフトをセットにした「iPAQで電子辞書」モデルも販売する。価格は、英語学習ソフトのセットが2万9400円、辞書ソフトのセットが3万3600円、英語翻訳ソフトのセットが3万8850円、中国語翻訳ソフト、韓国語翻訳ソフトのセットはともに5万1450円。