セイコーエプソン(花岡清二社長)は、光学解像度6400dpiのA4フラットベッドスキャナ「GT-X900」を、エプソン販売を通じて3月9日に発売する。価格はオープン。実勢価格は4万円台後半の見込み。

 原稿タイプに合わせて2つのレンズを自動的に切り替える「デュアルレンズシステム」を搭載。フィルムホルダ使用時は最大光学解像度6400dpiの大口径レンズ、反射原稿の読み取り時やフィルムエリアガイド使用時などは最大光学解像度4800dpiのレンズと、自動的に使い分けることで、最適な読み取りパフォーマンスを実現する。

 CCDには、受光素子にオンチップマイクロレンズを組み込み、高精度な色分解が可能な「α-Hyper CCD II」を採用。また、均一な光をCCDに大量照射し、高精細なフィルムスキャンを高速で行うことができる「光源移動型フィルムスキャンユニット」を本体カバー内に装備した。同ユニットは、35mmストリップフィルム24コマ、マウント12コマ、ブローニ2列、4×5フィルム2枚など、さまざまなフィルムに対応する。

 画質を優先しながら、高い精度でフィルムのゴミ、キズなどを除去・補正する「DIGITAL ICE」、速度優先の「DIGITAL ICE Lite」も搭載した。接続インターフェイスはUSB2.0とIEEE1394。