ジョルダン(佐藤俊和社長)は、路線検索ソフト「乗換案内」の最新バージョン「乗換案内 2006年4月(ver.4.35)」を3月17日に発売する。

 最新版では、2月16日の神戸空港の開業や、3月18日のJRグループダイヤ改正、東武鉄道ダイヤ改正、3月27日の近鉄けいはんな線開業、ゆりかもめの延伸などに対応した。発売日以降に改正になった時刻表も、インターネット経由で更新することができる。小田急、京急、東急、京成、西武、国際興業といった路線バスの時刻表も収録。また、Windows XP、2000では、時刻表や検索結果データをiPodに転送し、テキストメモ機能で閲覧できるようになった。

 価格は、次の新バージョンの発売までのサポートとなる「乗換案内 特別優待バージョンアップ(2006/4)」が4200円、ユーザー登録後、1年間のサポートが付属する「乗換案内+1年サポート(2006/4)」が1万500円。対応OSは、Windows XP、2000、Me、98、Mac OS 8-9、Windows CE、Zaurus。

 同時に、ユニバーサルアプリケーション化し、インテル製CPUを搭載したMacに完全対応したMac OS X専用の「乗換案内 MacX(2006/4)」も発売する。価格は4200円。

 春のダイヤ改正に対応したほか、従来のバージョンに搭載していた、ワンクリックで入力履歴を20件まで表示する「駅名入力履歴機能」を復活。時刻表や検索結果をはじめ、小田急、京急、東急、京成、西武、国際興業の路線バス時刻表もiPodに転送し、閲覧できるようになった。

 対応OSは、インテル製CPU搭載の場合、Mac OS X 10.4.4以降、CPUがPower PCの場合は、Mac OS X 10.2.8または10.3.9、10.4以降。iPodへの転送は、MACフォーマットの第3世代以降のiPod、iPod mini、iPod photo、iPod U2、iPod nanoのみ対応する。