ジャストシステムと米IBM(IBM、サミュエル・J・パルミサーノ会長)は2月24日、より効率的でフレキシブルなXMLデータ処理に関して共同研究を行うことで合意したと発表した。

 ジャストシステムの「xfy technology」とIBMが提供する統合クライアント環境「Workplace Client Technology」を組み合わせ、クライアントシステムにおける新しいXMLデータ処理の可能性について研究を進めるもの。研究のテーマとしては、xfyのEclipse フレームワークへのポーティング、ODFフォーマット、XMLドキュメントの多国語対応などを予定している。

 「xfy technology」は、あらゆるXMLデータを統一的にWYSIWYGで扱うことができる技術。複数のXMLボキャブラリを含むXMLドキュメントの新規作成、編集、閲覧を容易に行うことができ、XMLドキュメントに計算機能やデータ処理機能を持たせることができる。

 06年第2四半期に出荷予定の「xfy Enterprise Solution 1.0」では、企業のSOA、Webサービスのクライアントのシステムが構築できる。「DB2 Viper Extension Kit」と組み合わせれば、XMLに対応したDB2 Viperのフロントエンドとして、XML Queryの作成と結果のXMLの視覚化も自動的に行える。

 「Workplace Client Technology」は、強力なコラボレーション機能を備えた業務アプリケーションのプラットフォーム。アプリケーションは、電子メールやインスタントメッセージ、文書作成、プレゼンテーション、表計算ソフトなどを搭載予定。さらに、ビジネスパートナーとの協業により、業務特化アプリケーションの提供も検討している。