富士写真フイルム(富士写、古森重隆社長)は2月22日、35mmフィルムカメラ「NATURA(ナチュラ) NS」を富士フイルムイメージング(田中康夫社長)から4月上旬に発売すると発表した。実勢価格は2万6000円前後の見込み。

 フラッシュを使わずに自然な雰囲気の写真が撮れる「NATURA」シリーズの新ラインアップとして投入するもので、最適な光量を自動で制御する「気配りフラッシュ」と新設計の露出制御プログラム、広角側F2.8と明るいレンズの採用で、フラッシュを使った場合の背景描写力を向上させた。

 レンズは広角28から56mmまでの2倍ズーム。ボタンひとつでポップアップする便利な「リトラクタブルフラッシュ」や被写体が暗いときにはランプとブザーで光量不足を知らせる機能も搭載した。突起部除く大きさは幅109.5×高さ62.0×厚さ36.0mm、量さは電池別で155g。シルバーボディにブラックをアクセントとしたクラシックなデザインも特徴。