ソースネクスト(松田憲幸社長)は、Blu-rayディスクへの書き込みに対応したCD・DVD作成ソフト「Power2Go 5」を3月24日に発売する。価格は6280円。

 新たにBlu-rayデータディスクの書き込みに対応したほか、DVD-Rへの書き込み、動画のトリム機能、DVDチャプタメーニュー表示など、多くの新機能を追加。動画ファイルの音声ファイルへの変換や、音楽トラック間の無音時間の調整なども行えるようになった。

 保存したいデータをデスクトップのランチャーにドラッグ&ドロップし、「書き込みボタン」をクリックするだけの簡単な操作でCDやDVDを作成できるのが特徴。DVD-R、DVD+Rでは最大16倍速の高速書き込みまでサポートする。

 入力対応フォーマットは、音声がMP3、WMA、WAV、動画がAVI、DAT、MPE、MPG、MPEG、画像がGIF、BMP、JPG、TIF、PNG、PSD。出力対応ディスクは、データCD・DVD、BD for DATAなどのデータディスク、各種音楽ディスクなど。パソコンや対応プレーヤーで再生できる「HighMAT」形式のCDや、オーディオCDにデータトラックを追記して記録する、CD-Extra形式のディスクの作成にも対応している。

 Blu-rayディスクは、2002年2月にソニーや松下電器産業などが共同で策定した次世代光ディスク。1層ディスクで25GB、2層ディスクで50GBの大容量をもち、東芝などが推進するもう一つの次世代光ディスク・HD DVDとの覇権争いが注目されている。なお、対応するBlu-rayドライブについては、ソフトとの検証が済み次第、順次同社サイトで公開していく予定。