ヴァル研究所(鈴木和夫代表取締役)は、最新ダイヤ情報を収録した電車案内ソフト「駅すぱあと(2006年4月)」の3パッケージを3月24日に発売する。

 「駅すぱあと(Windows)」「駅すぱあと 年間サポート付(Windows)」「駅すぱあと バージョンアップ(2006年4月)」をラインアップした。

 最新版では、「箱根登山バス」「近鉄バス」「京阪京都交通」「高槻市営バス」「瀬戸内バス」「宇和島自動車」の6社の路線バス情報を追加。3月18日に予定されているJRグループ、東京急行、東武鉄道、東京地下鉄、横浜高速鉄道のダイヤ改正情報や最新ダイヤも収録した。

 また、デスクトップで駅の時刻表をリアルタイム表示できる「列車案内」、日本の情緒ある風景が楽しめる動画コンテンツ「街道紀行(木曽路編)」の特別付録2点も収録する。

 価格は、「駅すぱあと(Windows)」が1万2600円、「駅すぱあと 年間サポート付(Windows)」が1万9950円、5月31日まで1万本限定で販売する「駅すぱあと バージョンアップ(2006年4月)」が3675円。2か月間で2万本の販売を見込んでいる。