バッファロー(斉木邦明社長)はプリンタを使わずオリジナルラベルの印刷ができる機能を搭載したDVDマルチドライブ「DVSM-XL516シリーズ」を3月に発売する。

 USB2.0/1.1対応の外付けモデル「DVSM-XL516U2」が価格1万2500円で3月上旬発売、ATAPI内蔵型ホワイトモデル「DVSM-XL516FB」とATAPI内蔵型ブラックモデル「DVSM-XL516FB-BK」がともに9300円で3月中旬発売、ATAPI内蔵型ベーシックモデル「DVSM-XL516FB/B」が7900円で3月上旬発売。

 全モデルとも「DVD-RAM」「2層式DVD-RAM」「DVD±R」「2層式DVD±R」「DVD±RW」に対応するDVDマルチドライブで、レーザーを使ってプリンタを使わずDVDのオリジナルラベルを作成できる「Labelflash」機能が特徴。対応メディアを使用することで、文字や画像などをDVDのラベル面に直接書き込む。

 ドライブはパイオニア製の「DVR-111L」を採用。ディスク共振スタビライザーで高速回転するディスクの共振を抑え高精度で安定した書き込みができるほか、ディスク記録面に光を1点に集められない「収差」を補正する「液晶チルト(補正)機構」、高速回転時の機械振動を大幅に低減する設計「UltraDRA(Dynamic Resonance Absorber)」で経年劣化しにくい高品質なディスク作成ができる。

 書き込み速度はそれぞれ、DVD-RAMが5倍、1層式DVD-Rが16倍、2層式DVD-Rが8倍、DVD-RWが6倍、1層DVD+Rが16倍、2層式DVD+Rが8倍、DVD+RWが8倍、CD-Rが40倍、CD-RWが32倍。

 対応OSはWindowsXP、2000、Me、98SE、WindowsXP MCE2005。動作環境はCPUがPentiumIII 450MHz以上、メモリ128MB以上など。