ソニー(中鉢良治社長)は2月22日、3月末で顧問制度を廃止すると発表した。現在在任中の顧問45名も3月31日に全員退任する。現役員も定年後は顧問に就任せず退任することになった。

 同社ではこれまで定年で退任した役員に顧問を委嘱してきたが、業績回復に向けた施策の一環として廃止に踏み切ったもの。昨年9月に発表した経営方針に基づいたマネジメント体制のスリム化で、中期経営目標の達成を目指す。なお、現最高顧問の出井伸之氏について同社広報では「07年5月の日本経団連副会長任期満了まで最高顧問にとどまり、その後退任する予定」としている。