NECとNECパーソナルプロダクツは、CPUやHDD容量などの基本機能を絞り込み、コストパフォーマンスを追求した個人向けノートPC「LaVie L(LL370/EA1F)」「LaVie A(LA700/DD1F)」2モデルを2月24日に発売する。価格はオープン。実勢価格は、15型液晶を搭載したベーシックノート「LL370/EA1F」が11万円前後、AV機能も備えた「LA700/DD1F」が18万5000円前後。

 「LL370/EA1F」は、現行モデル「LL370/ED」の約80GBから、HDD容量を約40GBに半減。統合ソフトも別売りとするなど機能を絞り込んだ。CPUはモバイル AMD Sempron 3000+、メモリは256MB、光学ドライブはCD-R/RW・DVD-ROMドライブ。また、IEEE802.11a/b/gに対応する無線LAN機能を搭載する。

 一方、「LA700/DD1F」は、CPUにインテル Celeron M 超低電圧版383(1GHz)を搭載した「LA700/DD」の下位モデル。質量約1.6Kg、幅304×奥行211×高さ39.4mmのコンパクトなきょう体に、12.1型ワイドの「スーパーシャインビュー液晶」を搭載。周囲の明るさを感知して液晶画面の輝度を自動的に調整する「自動輝度センサ」も装備する。

 本体を乗せると、迫力のあるサウンドが楽しめるステレオスピーカ内蔵の「ミュージックスタンド」が付属するほか、電源がオフの状態でもメディアを挿入すれば自動的に再生する「スロットインオートプレイ」機能など、AV機能も充実させた。