ローム(佐藤研一郎社長)、パイオニア(須藤民彦社長)、三菱化学(冨澤龍一)の3社は2月20日、有機発光トランジスタを使った小型ディスプレイパネルの開発に成功したと発表した。

 「有機発光トランジスタ」は電極を有機発光材料中に注入して発光させる半導体で、駆動トランジスタと発光素子を一体化した装置にできるため、部品点数が大幅に減り、従来の有機ELディスプレイよりも小型化できるのが特徴。開発した小型ディスプレイは8×8ドットの表示が可能で、最大発光輝度は約1000cd/m2、発光の外部量子効率は約0.8%。

 材料には「TPPy(テトラフェニルピレン)」の横型トランジスタを使用した。「テトラフェニルピレン」は有機発光トランジスタ用の有機半導体で、安達千波矢・千歳科学技術大学、九州大学教授が開発したもの。

 今回、3社は材料の製膜前に絶縁膜表面を改質し、テトラフェニルピレン層の並びを制御する技術を開発。安定した高効率発光ができるようにしたほか、凹凸の少ない高反射率のゲート電極も開発し、有機半導体層の下に配置することで、トランジスタ内で発光した光を効率良く外部に取り出せるようにした。

 また、有機発光トランジスタのスイッチング(切り替え)用に高移動度の有機半導体、ペンタセンを使ったトランジスタも開発、有機発光トランジスタとスイッチング用半導体を同時に基板に組み込むプロセス技術を確立することで、ディスプレイ開発に成功した。

 3社では新型ディスプレイの特徴を生かし、ユビキタス端末用のフレキシブルディスプレイでの利用を見込む。今後も発光の効率化などをさらに進め、早期の実用化を目指す。