JPドメイン名の登録・管理、ドメインネームシステム(DNS)の運用を行う日本レジストリサービス(JPRS、東田幸樹社長)は、4月3日からJPドメイン名用DNS(JP DNS)の更新間隔を、これまでの1日1回から15分に1回に大幅に短縮すると発表した。

 JP DNSは、JPドメイン名をインターネットのあらゆる場所から参照可能とするための仕組み。これまでは1日1回の更新のため即時に利用できなかったが、更新間隔の短縮後は、独自ドメイン名登録から15分程度の短時間で独自ドメインが利用可能となるため、企業ユーザー、個人ユーザーとも利便性が向上すると見込む。また、プロバイダーのシステム的な工夫の範囲も広がり、提供するサービスも強化できるとしている。

 インターネットによる情報発信が活発化するなか、独自ドメインは、重要な要素となっている。今回の変更は、登録したドメイン名をすぐに使いたいという要望に応えたもの。なお、運用の都合上、毎日午前3時から5時の間に、DNSの更新を行わない時間帯も設ける予定。