ロジテック(葉田順治社長)は、業界最速クラスとなるDVD-RAM12倍速書き込みを実現した外付け型DVDスーパーマルチドライブ「LDR-MA16シリーズ」2モデルを3月上旬に発売する。

 ロジテック(葉田順治社長)は、業界最速クラスとなるDVD-RAM12倍速書き込みを実現した外付け型DVDスーパーマルチドライブ「LDR-MA16シリーズ」2モデルを3月上旬に発売する。

 IEEE1394とUSB2.0接続で、Mac OS X対応ソフトとWindows対応ソフトの両方が付属したマルチプラットフォームモデル「LDR-MA16FU2/WM」と、USB2.0接続でWindows対応ソフトが付属した「LDR-MA16U2」をラインアップした。税別価格は「FU2/WM」が1万5600円、「16U2」が1万3500円。

 DVD±R/RW、2層DVD±Rなどをはじめ、市販のDVD/CDメディアにすべてに対応。書込み速度は、DVD-RAM:12倍速、2層DVD+R:8倍速、1層DVD+R:16倍速、DVD+RW:8倍速、2層DVD-R:8倍速、1層DVD-Rメディア:16倍速、DVD-RW:6倍速など。

 本体はファンレス設計で、フロント部に「シャッター」を設けることで静音性を高めた。パソコンに連動して電源がオン・オフする「PC電源連動機能」も搭載。また、EUのRoHS指令(特定有害物質使用制限指令)に準拠し、きょう体はLogitecの「L」をイメージした新デザインを採用した。

 対応OSは、「LDR-MA16FU2/WM」がWindows XP、2000、Me、98SE、Mac OS X 10.2-10.4.4。「LDR-MA16U2」はWindows XP、2000、Me、98SEで、Mac OS X環境での動作も確認している。