シーエフ・カンパニー(但木守代表取締役)は、PDA用ネットワークHUB「PDA Communication Gate」の販売を4月から開始する。価格はオープン。

 「PDA Communication Gate」は8個のUSBポートを備えたイーサネットHUB。USBケーブルなどで最大8台までのPDAをLANに同時接続が可能で、PCを経由せず直接、サーバーと情報の交換ができる。ネットワーク関連のハード・ソフト設計を手がけるネットアライブ(前田一也代表取締役)が開発した。

 PDA用クレードルでは、PDAを置くだけでサーバーとシンクロでき、クレードル経由で、FTPまたはHTTP通信を行う各種TCPアプリケーションが利用できる。USB充電機能をもつPDAの充電や充電しながらの通信も可能。PDA単体で収集した情報を一括でサーバーにアップロードしたり、サーバーの情報を複数のPDAに一斉にダウンロードするといった使い方もできる。

 対応機種は、シャープの「Linux ザウルス」とマイクロソフトの「Pocket PC2002/2003/2003SE」。今後は、ウィルコムの「W-ZERO3」をはじめとする「Windows Mobile 5.0」OS搭載の機器にも対応する予定。