バイ・デザイン(飯塚克美社長)は、ハイビジョン対応32V型液晶テレビ「d:3232GJC3」を発売した。同社32V型で初めてテレビの下にスピーカーを配置する「アンダースピーカー」デザインを採用したのが特徴。直販価格は12万9800円。

 解像度1366×768ドッド、コントラスト比1000:1、輝度550cd/m2、視野角上下左右176度、応答速度8msの液晶パネルを採用し、デザインと内部設計を見直し従来モデルより高画質化を図った。チューナーは、地上アナログチューナーとBSアナログチューナーを搭載。D4端子も備えており、別途、市販の外部チューナーを接続すれば、地上デジタル放送などをハイビジョン画質で再生できる。

 デジタル音声・映像をケーブル1本でデジタル伝送できるHDMI端子1系統をはじめ、豊富なインターフェイスを装備。このほか、テレビのスピーカーだけで臨場感あふれるサウンドを楽しめる「BBEサラウンド回路」、2画面機能/親子画面機能などを搭載する。