日本サムスン(李昌烈社長)は、法人向けに、20.1型UXGA対応液晶モニタ「SyncMaster 204B」を2月下旬に、19型SXGA対応の「SyncMaster 920N(IV)/920N(BK)」を3月上旬に発売する。価格はすべてオープン。

 「SyncMaster 204B」は、輝度300cd/m2、コントラスト比800:1、視野角(水平/垂直)160度の20.1型低反射液晶パネルを採用。応答速度は超高速5ms。動きの早いコンテンツを表示する時も残像が少なく、DTPなどのクリエイティブ作業や動画鑑賞に活用できる。入力端子は、アナログ対応ミニD-Sub15 ピンコネクタと、デジタル信号に対応したDVI-Dコネクタの2系統入力に対応した。このほか、8ビットのデータを10ビットに階調変換する「ガンマ補正機能」、自動で各画面最適状態の数値を調整する「Magic Color機能」などを搭載する。

 一方、「SyncMaster 920N」2機種は、輝度250cd/m2、コントラスト比700:1、視野角(水平/垂直)160度、応答速度12msの液晶パネルを採用。入力系統はアナログ1系統で、ミニD-sub15ピンケーブルが付属する。

 デザインは、3機種とも本体に電源ユニットを内蔵し、狭額縁デザインを採用するなど、省スペースを追求した。ベゼル幅は「SyncMaster 204B」が約17mm、「SyncMaster 920N」2機種が約18.9mm。「SyncMaster920N」には、アイボリー(IV)とブラック(BK)の2色のカラーバリエーションも用意する。