バッファロー(斉木邦明社長)はUSB2.0対応の外付けHDD「HD-HCU2シリーズ」と、オプションの専用冷却ファン「OP-FAN」を3月上旬、中旬にそれぞれ発売する。

 本体に放熱性鋼板を使用、通気性を考慮して空気孔を配置した独自のエアフロー構造で冷却性能を高めた。オプションの専用ファン「OP-FAN」を装着することで、HDDの温度をさらに最大7度下げることが可能。同社の調べでは、一般的な250GBで3.5インチのHDDでは、動作温度が10度下がると1.5倍長持ちするという結果が出ており、HDDの温度を下げることによりドライブの寿命を延ばし、データ消失のリスクを低減させる。

 また、PCに連動して電源をオン・オフする「PC連動AUTO電源機能」も搭載。HDD内のデータを暗号化し、そのデータをWindowsXPなどのOS上で隠すことができるユーティリティ「Secure Lock +Guard(セキュアロックプラスガード)」、バックアップソフト「Acronis True Image LE」「省電力ユーティリティ for HD」が付属する。

 ラインアップと価格は「HC160U2(160GB)」が1万5700円、「HC250U2(250GB)」が2万1000円、「HC300U2(300GB)」が2万4200円、「HC400U2(400GB)」が4万2300円。ボールベアリングを採用し、14デシベルと高い静音性を実現し、横置きでの使用にも対応する、オプションの専用冷却ファン「OP-FAN」は2100円。

 対応OSは、Windows XP、2000、Me、98SE、98、Windows XP MCE2005、2004、MacOS 9.0.4-9.2.2、MacOS X 10.0.4以降。