ソニー(中鉢良治社長)は、昨年発売した液晶プロジェクション(リアプロ)テレビ「ブラビア」の一部に電源システムが正常に作動しない不具合が見つかり、修正ソフトの配布を開始した。国内外40万台の42、50型の製品が対象となる。国内の対象台数は6545台。

 不具合は、テレビの利用時間が1200時間を越えると電源のオン・オフができない、入力切り替えが行えない、スタンバイモードから復帰できないといったもので、電源システムに組み込まれたソフトの誤作動が原因。

 対象となるのは42型「KDF-42E1000」の製造番号2000001-2003213と50型「KDF-50E1000」製造番号が2000001-2003332の製品。

 BS、地上波デジタル放送が受信できるユーザーは、放送波を使ったデータダウンロードで修正ソフトを入手でき、修正が可能。アナログ放送のみを視聴しているユーザーに対しては専用のセンター(電話:0120-334-992、受付時間:月-金が9:00-20:00、土曜祝日が9:00-17:00)で受け付け、無償で訪問修理する。ケーブルテレビを視聴するユーザーはデジタル放送の場合はダウンロード機能で自動的に修正ができるが、セットトップボックスの利用者はセンターに連絡し訪問修理となる。

 同社の液晶プロジェクションテレビは90%以上が北米、中南米を中心とした海外で販売していることなどから同社では、「国内での影響は軽微に留まる見通し」(広報)としている。さらに06年3月までで、125万台を見込んでいる世界市場でのリアプロ販売台数見通しについても「変更はない」(同)としている。また、「同じブラビアシリーズの液晶テレビについては販売への影響はない」(広報)と見ている。

 同社ではすでに専用サイトで告知を開始、販売店を通じてユーザーに連絡するほか、店頭での告知も開始している。CMなどでの告知は行わない方針。