リンクスインターナショナル(リンクス、川島義之長)は2月13日、PCアップグレードや自作向けハードウェア、アクセサリを手がける米Antec(カリフォルニア州フリーモント)と販売代理店契約を締結したと発表した。

 契約締結を受け、リンクスはAntecの日本での総合製品代理店として、同社製品の販売を始める。具体的には、PCケース、電源を2月中旬、冷却ファン、イルミネーションコンポーネントを3月初旬、PC周辺機器を4月初旬、ラックマウントケースを5月以降に発売する予定。

 リンクスでは、Antecと共同で、冷却ファン、イルミネーションコンポーネント、PC周辺機器の販売を強化する。同時に、Antecの主力製品であるPCケース、電源製品について、自作市場の国内トップシェアを目指した販売展開を図る。加えて、全国PCパーツ店などで、Antec製品のホワイトボックス採用を支援するほか、システムビルダーにも供給を始める。

 また、Antec製品の国内サポートセンターを開設し、AQ3プログラム(Antec独自のサポートシステム)に沿った3年間保証を提供するなど、サポート体制も充実させる。