エレコム(葉田順治社長)は、周囲100mの無線アクセスポイントを検索できるスティックタイプの無線LAN探知機「LD-WIFIDSC/BG」を3月上旬に発売する。価格は1万2600円。

 公衆無線LANサービスの無線LANスポットなど、見通し距離約100mの範囲にある無線アクセスポイントを検知する。バックライト付きの液晶画面には、検知したアクセスポイント数や電波強度、周波数帯など、公衆無線LANサービスを利用する際に必要な9つの情報がひと目でわかるように表示される。IEEE802.11bおよびIEEE802.11gに対応し最大検知数は16。

 バッテリーはリチウム充電池を使用、パソコンのUSBポート経由で充電する。また、本体には、携帯に便利なストラップホールも装備した。サイズは幅28.5×高さ14×奥行91mm、質量は30g。

 なお、無線LANアダプタとしての機能は搭載していない。同機能を加えることは技術的に可能だったが、価格を抑えるため、今回は見送ったという。同社では、主に外回りのビジネスマンや技術者などの利用を想定している。