ロジクールは、ワンタッチコントロールボタンを搭載したPS/2接続フルキーボード「Media Keyboard」(MK?50)と、カメラ部が回転する130万画素Webカメラ「Qcam Orbit MP(QVR?13)」をそれぞれ3月3日に発売する。価格はオープンで、ロジクールオンラインストア価格は、「MK?50」が1980円、「QVR?13」が1万4800円。

 「MK?50」は、手首に優しいゼロ・ディグリー・ティルトデザインを採用した省スペースタイプのフルキーボード。音楽やビデオがワンタッチで操作可能なメディアコントロールを搭載し、音楽やビデオの再生、ブラウザや電卓の起動がワンタッチで行える。量調節や消音もキーボードから操作することができ、カスタマイズ可能なファンクションキーも備えた。また、キーボードの左側に、ワンタッチで前のWebページに戻ったり、ウィンドウを閉じたりできる「戻る・閉じる」ボタンを配置した。カラーはブラック。

 「QVR?13」は、メカニカルパン&ティルト機能を搭載し、True130万画素COMSセンサーを採用したハイエンドWebカメラ。動画で640×480、静止画で1280×960ピクセルまで撮影でき、USB2.0対応のため、取り込んだ画像も高速に転送できる。

 カメラは、サーボモーターで上下左右に回転し、縦方向54度、横方向128度(視野角は縦約102度、横約189度)の撮影が可能。また、被写体の動きに関わらず、常に人の顔が中心に来るよう自動的に調整する「フェイストラッキング機能」を備える。独自テクノロジーの採用により、暗い場所での動画撮影や音声チャット時の音質を高めた。

 静止画は、最大4メガピクセルの画像ファイルとして保存可能。動画のフレームレートは、最大30フレーム/秒となっている。デザインは、既存の「QVR?1」を踏襲し、エレガントに仕上げた。