日本ビクターは、多彩なダビング機能を搭載したAVセレクター「JX-D800」を3月上旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は8万円前後の見込み。

 日本ビクターは、多彩なダビング機能を搭載したAVセレクター「JX-D800」を3月上旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は8万円前後の見込み。

 「HDD内蔵DVDレコーダー」「DVDプレーヤー」「地上/BS/CSデジタルチューナー」「ケーブルテレビのデジタルSTB(セットトップボックス)」「ゲーム機」などD端子やコンポーネント端子を装備したAV機器で6台までの接続切り換えに対応する。D4までの映像信号をテレビやプロジェクターなど最大3台の受像機に出力するモニター出力も搭載。広帯域30MHzアンプを使い分配による映像劣化を抑えた。

 1台の機器の入力映像から最大5台の機器でのマルチダビングが可能。2台の異なった機器の映像を平行して別々にダビングできる「パラレルダビング」、ダビング時の誤操作を防止する「ダビングロック」などダビング関連の機能も充実させた。

 コンポジット/S映像をD1映像信号に変換する「D端子映像変換回路」もそなえており、テレビやディスプレイをD端子入力に接続したまま方式を気にすることなく映像を楽しめる。4メガビットのメモリ内蔵3次元Y/C分離回路を搭載し、ドット妨害や色にじみのない高画質での映像出力が可能。

 選択した映像信号の入力端子と信号フォーマットの情報をフロントディスプレイに表示するほか、機器の追加や入れ替え時のケーブル接続をサポートする背面端子レイアウト表示を設けるなど使い勝手を高めた。すべての操作ができるワイヤレスリモコンも付属する。