ミニピーシードットジェイピー(minipc.jp)は、CPUにPentium M、Celeron Mを搭載可能な小型静音パソコンminipc「VS700」を発売した。国内初となる外部SATA 2ポートをはじめ、LANを2ポート、USBを6ポート、PCカード、CFカード、S端子など多彩なインターフェイスを装備したのが特徴。

 「VS700」は、超小型静音PC「V700シリーズ」の上位モデル。本体サイズは、幅190×奥行200×高さ70mmと、既存モデルより若干大振りながら、さまざまなインターフェイスを搭載し、拡張性を高めた。なかでも外部SATAポートの搭載は、国内パソコンでは初めて。なお、同ポートはコネクタ形状はeSATAと同一だが、仕様はUltra SATA/1500となるため、パソコンの電源を入れたまま接続ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」には対応しない。

 ダイレクト価格は、ベアボーンモデル「VS700-M」で5万9800円など。このほか、CPU、メモリ、HDDを組み込んだBTOモデルも販売する。また発売を記念して、100台限定の特別価格モデルも用意する。

 発売記念限定モデルは、CPU、メモリ容量、OSの有無の違いによって4モデルをラインアップ。すべてのラインアップの総数が100台となった段階で、販売終了とする。ダイレクト価格は、Celeron M370、256MBメモリを搭載した「VS370-L240」が8万2000円、同製品にWindows Home Editionをプリインストールした「VS370-L240WH」が9万9800円、Pentium M740、512MBメモリを搭載した「VS740-L540」が9万9800円、同製品にWindows Home Editionをプリインストールした「VS740-L540WH」が11万5000円。