シャープは、合成音声やネイティブ音声で英語学習できる高校生向け電子辞書“Papyrus(パピルス)”「PW-V9500」を2月24日に発売する。価格は5万2500円。

 収録している英単語と例文を抑揚のついた合成音声で読み上げる「TTS(Text?to?Speech)機能」を新たに採用し、大学入試センター試験のリスニング試験対策コンテンツをネイティブ音声で学習できるコンテンツを収録。さらに、現在の英語語彙力が英検のどのレベルかを判定できる「英検語彙力判定テスト機能」を電子辞書として初めて搭載し、日々の学習にも役立つ「テスト機能」を強化。各コンテンツのテスト解答を直接キー入力できるようになった。

 内蔵の「日本史事典」や「世界史事典」「生物事典」などの覚えたい部分にマーカーを引き、暗記確認ができる「マーカー付単語帳」や、SDメモリーカードに保存したリスニングコンテンツなどを再生できる「MP3プレーヤー機能」も搭載。図・テキスト同時表示などの便利な機能も搭載している。

 なお、英語音声読み上げには。東芝製のTTSソフトを使用し、閉ループ学習(Closed Loop Training)に基づく音声合成方式を採用した。