クレオ(川畑種恭社長)は、はがき・住所録作成ソフト「筆まめ」の店頭キャンペーン「筆まめ春もNo.1キャンペーン」を2月24日から5月31日まで行うと発表した。

 同キャンペーンでは、「筆まめ」製品に、「筆まめVer.16」専用の「最新郵便番号辞書」とDTPソフト「パーソナル編集長Ver.6.5 体験版」を収録した特別CDをパッケージに貼付する。対象となるのは、「筆まめVer.16 通常版(価格:6380円)」「筆まめVer.16 アップグレード・乗り換え専用(3680円)」「筆まめVer.16 2ライセンスパック(9,800円)」と名刺ソフト「筆まめ名刺管理+汎用カラースキャナ(1万4980円)」の4ソフト。

 「最新郵便番号辞書」は、06年1月の市町村合併に対応した郵便番号辞書を収録したもの。さらに06年3月の市町村合併に対しては、3月と4月の2回、新しい郵便番号辞書を更新し、専用サイト「筆まめネット」で無償ダウンロード提供する。

 「パーソナル編集長」は、印刷の専門知識を持たなくとも、プロ仕様のフォーマットとイラスト素材を使って、新聞やポスター、小冊子、チラシなどが作成できるDTPソフト。今回の「春のキャンペーン特別CD」には、ソフト購入前に試せる体験版を収録する。

 クレオでは、新入学や新学期、新社会人をはじめ、新年度を迎える春には、はがきや住所録作成の需要が高まることから、キャンペーンとあわせて「筆まめ」の活用法などを提案し、ユーザーのすそ野を広げる狙い。