クイックサン(安達寛高社長)は、フルHDパネルを搭載した37V型と42V型の液晶テレビを発売した。同社直販サイト「アジアンドア」での価格は、37V型の「LiBERA QLA?3701V」が18万9800円、42V型の「LiBERA QLA?4201V」が23万9800円。

 2機種とも、1920×1080のフルHDパネルを搭載し、ハイビジョン放送をそのままの画質で表示できる。同価格帯のハイビジョン液晶テレビが1366×768対応であるのに対し、いち早くフルHDを取り入れた。税込みでの1インチあたりの価格は、「QLA?3701V」が約5129円、「QLA?4201V」が約5709円となる。

 このほかのスペックは、コントラストが800:1、輝度が550cd/2m、視野角が上下176度、左右178度など。また、パソコン接続を意識した設計を行い、WXGA(1280×768)表示に対応するなど、リビングのテレビで快適にインターネットも楽しめるようにした。D4端子1系統、コンポーネント端子2系統など、入力端子も豊富に装備する。

 なお、チューナーは、地上アナログチューナー2基のみで、地上デジタル放送を視聴するには、別途チューナーを購入する必要がある。テレビとインターネット、DVDとテレビなど2画面表示が可能なPIP・POP機能も搭載しており、同機能を使えば、2つの画面に別々のチャンネルを表示することもできる。