ソフマップは、オリジナルミニPC「牛丼ミニパソコン」と「バーガーミニパソコン」を2月7日に発売する。

 2機種ともに、幅:165×奥行き:165×高さ:50mmと小型でコンパクトなきょう体を採用。省電力と静音性も追求した。DVI?Iやテレビ出力をはじめギガビットイーサネット、USB2.0、IEEE1394ポートなどインターフェイスも充実させた。

 「牛丼ミニパソコン」は、CPUがPentiumM 740(1.73GHz)、HDDが100GB、メモリーが1GB。ドライブはCD-R/RW・DVD-ROMのコンボドライブ。OSは付属しない。価格は10万4800円。中・上級者をターゲットに販売する。

 初心者向けとなる「バーガーミニパソコン」は2モデルを用意する。

 「バーガーミニパソコンP」は、CPUがPentiumM 740(1.73GHz)、60GBのHDD、メモリー512MB、DVDスーパーマルチドライブを装備する。OSはWindows XP Home Editionで、価格は10万4800円。

 「バーガーミニパソコンC」は、CeleronM 360(1.4GHz)をCPUに搭載。HDDは40GB、メモリーが512MBで、CD-R/RW・DVD-ROMのコンボドライブを載せた。OSはWindows XP Home Edition。価格は7万9800円。