PFU(広瀬勇二社長)は、コンパクト両面カラースキャナ「ScanSnap」の新モデル「ScanSnap S500」を2月10日に発売する。価格はオープン。直販価格は4万9800円。今後1年間で、全世界で24万台の販売を目指す。

 PFU(広瀬勇二社長)は、コンパクト両面カラースキャナ「ScanSnap」の新モデル「ScanSnap S500」を2月10日に発売する。価格はオープン。直販価格は4万9800円。今後1年間で、全世界で24万台の販売を目指す。

 ワンプッシュでスピーディー・簡単に紙の文書を電子化できるのが特徴で、富士通・富士通研究所が開発した高精度文書検索が可能な「カラー文書認識技術」の搭載で、OCR認識率を約20%向上させた。読み取り速度も、ノーマルモード・カラー、解像度が150dpiで毎分18枚(36ページ)をはじめ、すべてのモードで従来機種よりも読み取り速度を20%向上させた。

 また、付属するPDF整理・閲覧ソフト「ScanSnap Organizer」で、検索が可能となるPDFファイルにも自動変換できる。変換処理はCPU空き状態を確認しながら自動的に行うため、通常のPC操作に支障が少ない。ほかにも「自動サイズ検出機能」「e-文書法」に定められた読み取り条件対応する電子文書を押すだけで作成できる「e-スキャンボタン」などの機能も備える。

 デザインも直線的でスタイリッシュなに大幅変更した。これまで分離式だったスタッカー(原稿受け台)をボディに一体化することで使い勝手も高めた。

 新製品の発売に合わせ、2月10日から3月31日までの期間で、「地上デジタル放送対応PC」や「iPod」などをプレゼントするキャンペーンも実施する。