ラトックシステム(岡村周善社長)は、eSATA接続の外付けHDDリムーバブルケース「SA-DK1ES」を2月下旬に発売する。価格は1万3440円。

 eSATAを接続により外付けながら転送速度がUSB2.0の約2倍と、マザーボードに直接接続した場合と同等の速度を実現した。

 eSATAに対応するラトックのPCI Expressボード「REX-PE30S」、PCカード「REX-CB15S」をはじめ、SATAホットプラグに対応した機器であれば、PCを起動したままHDDを交換できる。本体背面と内部側面に冷却ファンを搭載しており、高速回転のHDDでも長時間使用できるようにした。