富士通は2月2日、世界で初めて、3次元CADソフトをデータセンター経由で提供する「CADオンデマンドサービス」の開始を発表した。

 富士通は2月2日、世界で初めて、3次元CADソフトをデータセンター経由で提供する「CADオンデマンドサービス」の開始を発表した。価格は個別見積もり。今後3年間で、100社への導入、100億円の受注を目指す。

 同社の「オンデマンドアウトソーシングサービス」の発展形として、必要に応じてアプリケーション資産を利用可能にする「アプリケーション・オンデマンド」の第1弾。

 同社のデータセンターに、3次元CADソフト「SolidMX(ソリッドエムエックス)」と「SolidMXシンクライアント 」を搭載したサーバー群を準備し、従量課金型のアウトソーシング形態で提供するもので、1か月単位で契約できるライセンス型運用サービス。SLAやITILに基づく高品質な運用を行うとともに、独自データ圧縮技術によって、パッケージ版と同等の高速動作が可能。

 同社では、「最新のオンデマンド技術を駆使したリソースプール群とアプリケーションをスピーディに利用することで、業務量に応じたリソース増減、運用負荷の削減、セキュリティ・災害リスクの低減――が可能となり、効率的なIT投資、業務継続体制の構築、初期費用を抑えたスモールスタートを実現できる」としている。