大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、提供中の販促ツール作成ASPサービス「DNPカスタムドキュメントサービス」の機能強化版となる「DNPカスタムドキュメントサービスPRO」を2月中旬から開始する。

 「DNPカスタムドキュメントサービス」は、DNPが運営するサーバー上で、販促ツールの基本デザイン、商品画像データ、商品情報などを管理し、支店や営業所単位で販促ツールを作成できるASPサービス。インターネット経由で情報や画像をデザインパターンにはめ込むだけで独自の販促ツールを作成でき、完成したデータは高解像度PDFデータとしてダウンロードして印刷に用いることができる。

 強化版の「DNPカスタムドキュメントサービスPRO」では、画像の使用回数など管理し、商品の売り上げと画像との利用履歴の関係を分析できる「マーケティング支援機能」を強化。また、画像や文字の回転、拡大・縮小など、編集機能の拡充を図った。従来の高解像度PDFに加え、新たにEPS形式のデータもダウンロードできるようになり、DTPソフトで再編集することもできる。さらに、販促ツールの部数や制作スケジュールの指定、進行管理などが行える「ワークフロー管理」といった機能を盛り込んだ。料金は初期費用が480万円、月額利用料は20万円から。