メガソフト(井町良明社長)は、発売中のパソコンFAXソフト「STARFAX2005」に2ライセンスを追加した「STARFAX2005 +2ライセンスパック」を2月3日に発売する。価格は2万1630円

 「STARFAX2005」は、紙を使わずパソコンでFAXを送受信できるソフト「STARFAX」シリーズの最新版。1万件までの宛先を一度にセットして自動送信したり、受信したFAXをメール添付で転送したりできるなど、さまざまな機能を搭載する。

 今回の+2ライセンスパックでは、通常の「STARFAX2005」に2ライセンス分のライセンスを追加し、合計3台のパソコンで利用できるようにした。同様に、FAXモデム共有機能を使った場合は、FAXサーバー1台とクライアントPC3台で利用することができる。

 これまでライセンスを追加するには、通常パッケージの購入とは別に、販売店や同社オンラインショップを通じて追加ライセンスを購入する必要があったが、その手間を解消した。マルチライセンスパックをパッケージ定番ラインアップに加えることでユーザーの利便性を高め、「STARFAX2005」シリーズのさらなる普及を目指す。