キヤノン(御手洗冨士夫社長)は、430万画素CCD(電荷結合素子)を搭載したDVDビデオカメラ「DC40」と光学20倍ズームレンズのデジタルビデオカメラ「FV M300」を発表した。「DC40」は3月中旬、「FV M300」は2月中旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は「DC40」が12万前後、「FV M300」が6万円前後の見込み。

 「DC40」は同社のDVDビデオカメラの最上位モデル。高性能CDDと、RGB原色フィルターや独自の映像エンジン「DIGIC DV」、光学10倍ズームレンズの組み合わせにより高画質な動画と静止画が撮影できる。記録メディアは8cmDVD-R/-RW。

 ミニSDメモリーカードとDVDで静止画を保存する「2ウェイ静止画撮影機能」も備える。また、電源と連動する内蔵レンズカバーを採用するなど使い勝手も追求した。

 「FV M300」はミニDVテープ方式のデジタルビデオカメラ「FV M200」の後継機種。新製品ではパーツやデザインの見直し、「FV M200」よりも幅が15mm、高さは1mm、奥行きも22mm小型化した。同時に重量も130g削減した。CCDは133万画素。レンズ部分に撮影用のツインLEDライトも装備した。

 2機種共通で、9点測距の静止画撮影用オートフォーカス、ボタンを押すだけでプリントができる「イージーダイレクトボタン」といった機能を盛り込んだほか、16:9の画角を表示できるワイド液晶モニターの採用や、CCDの水平方向の画素を利用する「高解像度ワイドTVモード」など、ワイドTVへの対応も充実させた。