NTTドコモは2月1日、06年度第2四半期にサービス開始予定の「HSDPA」対応の携帯電話機の試作機を、富士通、モトローラ、NECと共同で開発したと発表した。

 試作機では、従来の端末に比べて約10倍の速度となる最大3.6Mbpsのデータダウンロードを実現。「HSDPA(High-Speed Downlink Packet Access)」は、3GPPで標準化された下りのパケット通信速度を飛躍的に向上させることができる技術。方式上は、下り最大約14Mbpsの高速通信が可能となるが、試作機では最大3.6Mbpsのデータダウンロードが可能となっている。

 同社では、パケット通信の高速化により、大容量データのダウンロードやリッチなコンテンツの閲覧などが可能となり、今後、新たな用途での利用が期待できるとしている。なお、試作機は2月13日から16日まで、スペイン・バルセロナで開催される「3GSM World Congress 2006」のドコモスタンド内に展示する予定。