シャープは、VHSデッキを搭載しながら地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵した世界最薄のフルハイビジョンレコーダー「DV?ARV22」を3月15日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は15万円前後の見込み。<br />


 シャープは、VHSデッキを搭載しながら地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵した世界最薄のフルハイビジョンレコーダー「DV?ARV22」を3月15日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は15万円前後の見込み。

 ハードディスクとDVD、VHSビデオを一体化した3in1機で、3つのデジタルチューナーと地上アナログチューナーの計4つのチューナーを内蔵しながら、厚さをVHSビデオ並みの95mmに収めた。デジタルハイビジョン放送は、ハードディスクにはそのままの画質で、DVD、VHSテープには標準画質で録画できる。HDD容量は250GB。録画可能なディスクは、DVD?RW/?R(CPRM対応) 、DVD?R DL(ビデオフォーマットのみ)の3種類。

 VHS部については、専用のデジタルNR(ノイズリダクション)とTBC(タイムベースコレクター)回路を搭載し、VHSテープから高画質でダビングできるようにした。ハードディスク・DVD・VHSビデオ間で、6方向に自在ダビングできる。

 このほか、既存モデルでも採用している、電源スタンバイの状態からわずか1秒で操作できる「一発起動」や動作状態が一目でわかる大型ボタン「メディアサークル」などに加え、テレビ画面でわかりやすく操作方法を解説する「ヘルプ」機能を新たに搭載した。