NECインフロンティア(木内和宣社長)は、ウィルコム(八剱洋一郎社長)とウィルコム沖縄(仲里朝勝氏社長)の高速PHS通信規格「W-OAM」に対応した通信機能内蔵カード端末を2月下旬に発売する。

 NECインフロンティア(木内和宣社長)は、ウィルコム(八剱洋一郎社長)とウィルコム沖縄(仲里朝勝氏社長)の高速PHS通信規格「W-OAM」に対応した通信機能内蔵カード端末を2月下旬に発売する。

 PCカード型で8倍の通信速度に対応した「AIR-EDGE[PRO]AX520N」と、コンパクトフラッシュ(CF)型で4倍の通信速度に対応した「AIR-EDGE AX420N」の2モデルを販売する。2機種ともに価格はオープン。

 「W-OAM」では、データ伝送に「8PSK方式」を採用することで、1チャネル当たりの通信速度が最大51kbpsと、従来比約1.6倍に向上する技術。そのため、8倍のパケット通信では最大毎秒408キロビット、4倍では最大毎秒204キロビットの高速通信が可能。途切れることが少なく安定した通信が行えるBPSK方式にも対応した。

 カードにはセットアップ用のCD-ROMが同梱。ドライバや専用ソフトのインストール、プロバイダへの通信設定などが簡単に行える。「AX420N」ではPCカードアダプタを標準添付しており、CFカードスロットをもたないノートパソコンなどでも利用できる。事業所用コードレスシステムの内線端末としても利用できるほか、国際ローミングで台湾やタイでもデータ通信ができる。