読売新聞は1月30日、インターネットを通じてテレビニュース番組を配信する「読売ニュースビデオポッドキャスト」を開始したと発表した。同社のニュースサイト「YOMIURI ONLINE」で無料配信するほか、ニフティが運営するポッドキャスティング専門サイト「Podcasting Juice」でも、スペシャルプログラムとして配信する。

 配信するのは、CS放送「G+(ジータス)」で平日夕方(午後4時30分、同5時20分の2回)に放送されている「読売新聞ニュース」で、内容は配信当日の夕刊に掲載されたニュース7本程度。番組の長さは約7分。平日午後6時30分に当日放映分を更新する。

 同社では、朝刊の主なニュース、社説などを配信する音声ポッドキャスティング番組「読売ニュースポッドキャスト」と、今回のビデオポッドキャスティング番組の両方を組み合わせれば、その日の主なニュースがわかるとしている。

 視聴方法は、「YOMIURI ONLINE」内の番組ページにある「パソコンで再生」ボタンをクリックして動画ファイルをダウンロードする。さらに、「iTunesに登録」ボタンにリンクされたURL(RSSフィード)を、iTunesなどのビデオポッドキャスティング用ソフトに登録すれば、新しい番組が公開されるたびに自動ダウンロードされる。