日本ビクター(寺田雅彦社長)は地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー内蔵のHDD-DVDビデオレコーダー「DR-HD400」「DR-HD250」を2月上旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は「DR-HD400」が17万円前後、「DR-HD250」が15万円前後。

 「HD400」は400GB、「HD250」が250GBのHDDをそれぞれ搭載する。地上・BSデジタル放送のフルハイビジョン映像や5.1chサラウンド音声をそのままHDDに録画できる。地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ放送に対応した「電子番組表(EPG)」で画面に表示される番組表から選ぶだけで簡単に予約録画が行えるほか、放送時間が延長されても録画を継続する「スポーツ延長」「連続ドラマ対応」機能も備える。

 ケーブル1本でハイビジョンの映像・音声をフルデジタルで伝送できる「HDMI出力端子」を装備。HDDに録画したハイビジョン映像をそのままテレビなどで楽しめる。また、DVDや標準録画のアナログ放送をハイビジョンの高解像度にして再生する機能も盛り込んだ。ほかにも家庭用ハイビジョンビデオカメラの記録方式「720p」「1080i」に対応したHDV入力端子も設けた。