MCJ(高島勇二社長)は、インテルの最新デュアルコアCPUとチップセットを採用した高性能デスクトップPC「MDV-ADVANCE GXシリーズ」を発売する。Web直販サイトでは1月27日20時から、電話通販窓口とダイレクトショップでは1月28日11時から受注を開始する。

 シャーシデザインを一新し、最大4基のHDDを搭載できるホットスワップ対応のシリアルATAII RAIDユニット、ハイエンドビデオカードの使用に耐えうる大容量電源、冷却設計など、パワーユーザーの要求に応える仕様を兼ね備えた。CPUには、デュアルコアの「インテル Pentium Dプロセッサ9シリーズ」、チップセットには「975X Expressチップセット」を搭載する。

 ラインアップは、CPU:PentiumD 940(3.20GHz)、HDD:320GBの「MDV-ADVANCE 9400GX」、CPU:PentiumD 930(3GHz)、HDD:320GBの「MDV-ADVANCE 9300GX」、CPU:PentiumD 920(2.80GHz)、HDD:250GBの「MDV-ADVANCE 9200GX」の3モデル。メモリは標準で2GB、OSはWindows XP Home Editionとなる。

 価格は、「MDV-ADVANCE 9400GX」が24万3390円、「MDV-ADVANCE 9300GX」は19万890円、「MDV-ADVANCE 9200GX」が15万9390円。全モデルBTOに対応しており、メモリ、HDD、光学ドライブなどをカスタマイズできる。