コーレル(下村慶一社長)は1月25日、デジタルペイントソフト「Corel Painter IX.5 Premium(コーレルペインター9.5プレミアム)」のウィンドウズ版とMac版を2月24日から販売開始すると発表した。価格は、通常版が6万2790円、乗り換えアップグレード版が5万2290円。

 「Corel Painter」は、アーティストやデザイナーなどがタブレットを使ってアートワークを制作するためのプロ向けデジタルペイントソフト。最新バージョン「コーレルペインター9.5プレミアム」は、デジタルイメージやデジタル写真をトレースしてすばやく絵画で変換できる「フォトペイントパレット」を新たに搭載したほか、ツールとブラシの強化を図った。

 また、初心者向けの「Corel Painter Essentials 3」に、ペンマウス付き限定2000本「同 ペンマウス付きスターターパック」(価格1万2980円)と「同 オフィシャルガイドブック付き」(同1万1980円)を3月17日から発売する。

 プロ向け「Corel Painter Premium」は、高額製品のため、店頭に置いていないケースも多いケースも多いという。「今後さらに店頭でのブランド認知度向上に力を入れるとともに、インターネットやダウンロードによる販売強化も図っていく」(下村社長)方針。

 同社は、昨年3月に営業を開始し、「コーレルペインター 9」を発売。7月にはピーアンドエーの業務を移管し、「Paint Shop」シリーズの営業を開始するなど、05年は7製品、29モデルを投入した。今回発表の製品を加えて、「約1年の間でコンシューマー、プロ、ビジネス向け製品がバランスよくラインアップされてきた」とし、今後も顧客が買いやすく、販売会社が売りやすい商品を投入していく」(同)と述べた。