インフィニテック(山川良三社長) は、ソフトウェアとUSBキーの組み合わせによって機能するPC用情報保護ツール「A-LOCKY」を2月2日に発売する。価格は9975円。

 「A-LOCKY」は、暗号化やアクセス制御、プライバシー保護などの機能を備え、パソコンに保存されているデータや情報の漏えいを防止するツール。従来製品とは異なり、ソフトウェアとUSBキーの2つが必要となるが、価格はソフトウェア並みに抑えた。

 セキュリティ機能としては、ファイルの暗号複合、金庫機能、フィルタリング、使用時間の管理、スクリーンロック、アプリケーションの使用制限、デバイスの使用制限、使用履歴隠し、使用履歴のクリア、パスワード保護などを搭載。これらのセキュリティ機能はUSBキーを挿さないと動作せず、キーの抜き差しで簡単にオン・オフできる。

 たとえば、金庫機能で作成したセキュアフォルダ(金庫)は、USBキーのない状態ではフォルダ自体が見えない。また、スクリーンロックでは、USBキーを抜くと自動的にWindowsスクリーンをロックして不正使用を防止できる。対応OSは、Windows XP、Windows2000。

 同社では、家族で1台のパソコンを共有しているファミリー層を主なターゲットに、PC専門店や家電量販店の店頭販売を中心に拡販を図る。