メガソフト(井町良明社長)は、3D住宅デザインソフト「3Dマイホームデザイナー」シリーズの購入者を対象とした「第9回 3Dマイホームデザインコンテスト」を開催する。「3Dで語る豊かな暮らし」をテーマに、インターネットまたは郵送で1月24日から5月15日まで応募を受け付ける。

 「3Dマイホームデザイナー」シリーズは、累計45万本の販売実績をもつ住宅デザインソフト。また、小・中・高等学校を中心に、大学、専門学校、養護学校、パソコン塾、 教育センターなどに教材として1万6000ライセンス以上が導入されており、コンテストでは、2004年開催の第7回から「スクール部門」を設け、各種教育機関に所属する学生や、クラスやクラブ単位での応募を促進してきた。

 さらに今回は、学生の応募数が増えたことや、前回の最年少応募が10歳と、参加者の年齢層が広がっていることを考慮して、小・中学生を対象とする 「ジュニア部門(個人・団体)」と、高校生以上を対象とする「スクール部門(個人・団体)」の2部門を新設。これまでの「一般部門」「プロフェッショナル部門」とあわせて、4部門に分けて募集、表彰する。

 応募条件は、「3Dマイホームデザイナー」シリーズを使用して作成した作品であること。審査結果は、公式サイトなどで発表する。賞金は、グランプリ(1点)が50万円、準グランプリ(1点)が20万円、優秀賞(6点)が10万円など。