レノボ・ジャパン(向井宏之社長)は、オリンピックのロゴを付けた、トリノ冬季オリンピック記念モデルのノートPC「Special Edition ThinkPad Z60t」「Special Edition ThinkPad tZ60m」を発売する。1月31日から出荷を開始し、2モデルともに250台の限定販売。価格は「Z60t」が21万7350円、「Z60m」は20万6850円。

「Special Edition ThinkPad Z60t/Z60m」は、チタン・スパッタリング加工を施したチタニウム・シルバーのトップカバーに「オリンピック・ロゴ」と「ThinkPad Z60・ロゴ」が付いた特別デザインを採用した。

 CPUは、「Z60t」がPentiumM 760(2GHz)、「Z60m」はPentiumM 740(1.73GHz)。ディスプレイは「Z60t」が14型ワイド液晶、「Z60m」は高輝度な15.4型ワイド液晶をそれぞれ搭載する。2モデルともにOSはWindowsXP Professional。

 レノボは、2月に開催される第20回オリンピック冬季競技大会(トリノ冬季オリンピック)と第29回オリンピック夏季競技大会(北京オリンピック)の支援を行っている。トリノ五輪では、ゲーム・マネジメント・システムやコメンテーター・インフォメーション・システムなど4つのシステムに対し、同社ブランドのPC5000台以上、サーバー350台などを提供する。