カシオ計算機は、晴れた屋外でも明るくて見やすい、高輝度液晶モニタを搭載した600万画素デジタルカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z600」を1月27日に発売する。カラーは、シルバー、ブルー、ブラウンの3色。価格はオープンで、実勢価格は4万5000円前後の見込み。

 透過率の良い液晶とバックライトの輝度効率アップによって、2.7型の大画面液晶モニタを、従来モデル「EX-Z500」の約3倍となる約1200cd/m2まで明るくしたのが特徴。カメラ本体については、有効画素数600万画素CCD、光学3倍ズームレンズを搭載し、手ブレと被写体ブレを軽減する「アンチシェイクDSP」、秒間3枚の高速フラッシュ撮影が可能な「フラッシュ連写」、色のあせた古い写真を鮮やかに撮れる「よみがえりショット」など独自の機能を備えた。旅行や出張などで安心な長電池寿命も実現しており、CIPA規格で約550枚の静止画撮影が可能となっている。