ソニーは、「撮る」「見る」の操作が簡単な、DVDデジタルビデオカメラ「DCR?DVD505」と「DCR?DVD405」の2機種を3月3日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「DCR?DVD505」が13万5000円前後、「DCR?DVD405」が11万5000円前後の見込み。

 「DCR?DVD505」には、新開発の「クリアビッドCMOSセンサー」を搭載。400万画素の静止画記録と、動画撮影中でも300万画素の静止画記録ができ、暗いところでも鮮やかに撮影できるのも特徴。さらに、業界初の3.5型ワイド液晶モニタ「クリアフォト液晶プラス」を採用し、明るい屋外でも映像画面の視認性が高い。また、「DCR?DVD505」「DCR?DVD405」とも、ドルビーデジタル5.1chのサラウンド音声記録に対応した。