オンキヨー(大朏直人社長)は、フロント3chスピーカー内蔵のTVラック「CB-SP1200XT」を2月20日に発売する。価格は8万4000円。「オンキヨーサイバーショップ」では、発売1週間前から先行予約も受け付ける。

 「CB-SP1200XT」は、大型液晶テレビやプラズマテレビ用のラック「AVゲート」の新ラインアップ。棚板を従来の1段から合計4段(2段×2段)に増やし、手軽に移動できるキャスターも取り付けてラック機能を充実させた。

 内蔵スピーカーの最大入力はセンター、フロントともに40W。高級スピーカーで使用されている振動板、「A-OMFコーン」搭載のウーファーと100kHz再生対応のネオバランスドームツィーターを組み合わせたスピーカーユニットを搭載する。ラック部分は、素材に高級なMDF(木材チップを繊維状に分解、接着剤で固めた板)材を採用、ピアノワックスで磨き上げ、高光沢のグランドピアノ調に仕上げた。

 同時にオプションとして、5.1chAVアンプ内蔵サブウーファーシステム「DHT-SW1」を発売する。価格は3万6750円。

 サブウーファーを兼ねた本体に、スピーカーを駆動する5.1chAVアンプを内蔵。「CB-SP1200XT」に用意された収納用の専用ボックスにはめ込んで使用できる。フロント3chだけで5.1chのスピーカーと同じサラウンド効果を再現する独自のバーチャルサラウンド機能も搭載しており、別売りの同社製スピーカーを2個接続すれば、よりリアルな5.1ch環境にシステムアップできる。