日立製作所ユビキタスプラットフォームグループ(江幡誠グループ長兼CEO)は、1秒で起動してすぐに撮影ができるDVDビデオカメラ「DVDカムWOOO(ウー)」を発売すると発表した。331万画素CCD(電荷結合素子)の「DZ-GX3300」、212万画素CCDの「DZ-GX3200」、133万画素CCDの「DZ-GX3100」の3モデルを販売する。

 新たに開発した独自プログラムによって、1秒でカメラの起動、撮影が可能になった。専用の「秒撮」ボタンを本体に配置する。録画した動画から気に入ったシーンを選び、静止画にできる「静止画キャプチャー」機能も備える。静止画はSDメモリーカードで保存する。

 DVDに最適な画質で映像を記録する高画質映像処理回路「ピクチャーマスター for DVDカム」を搭載。回路は高画質画像処理LSIとMPEG2LSIで構成しており、高解像度で自然な色あいと高画質なMPEG動画が撮影できる。

 「DZ-GX3300」は、メタルの素材感にこだわった金属蒸着処理を施し、先進性をイメージさせるプレミアムシルバーと高級感を表現したクリスタルブラックのボディカラー2モデルを用意した。「DZ-GX3200」は、シルバーを基調にしたシンプルなイメージに仕上げた。「DZ-GX3100」は、パールホワイトで優しさを演出するデザインにした。

 「DZ-GX3300」は、シルバーモデルが2月下旬、ブラックモデルが3月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は12万円前後。「DZ-GX3200」「DZ-GX3100」はともに2月中旬発売。価格はオープン。実勢価格は「DZ-GX3200」が10万円前後、「DZ-GX3100」が9万円前後。