松下電器産業(中村邦夫社長)は、世界初の「ズームマイク」を搭載したステレオICレコーダー「RR-US900-K」と「RR-US500-S」を2月15日に発売する。価格はオープン。実勢価格は「RR-US900-K」が2万6000円前後、「RR-US500-S」が2万円前後。

 「ズームマイク」とは、本体に3つのマイクを内蔵し、録音する対象に対して前後の配置となる2つのマイクを使って音を拾い、前方指向性を実現する仕組み。これにより、講義、講演やインタビューなどといった前方からの声をしっかり録音することができる。ほかにも、耳障りなノイズをカットし録音内容を聞きやすくする「再生イコライジング機能」や「リピート機能」、再生速度を5段階で変えることができる「スピードコントロール機能」などを搭載した。

 「US900」では、世界最長となる67時間のステレオ録音が可能。「US500」でも最長33時間20分のステレオ録音ができる。また、従来からの音声認識・音声合成機能に加え、日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語の9言語の相互翻訳機能を備えたPCソフトが付属する。