AOSテクノロジーズ(佐々木隆仁社長)は1月19日、インターネットを使って外出先からペットの様子を確認できるペット専用ネットワークカメラ(給餌器付)「iSeePet360」および今回初めてNTTドコモのFOMAに対応した「同FOMA対応版」を2月上旬から順次販売開始すると発表した。

 AOSテクノロジーズ(佐々木隆仁社長)は1月19日、インターネットを使って外出先からペットの様子を確認できるペット専用ネットワークカメラ(給餌器付)「iSeePet360」および今回初めてNTTドコモのFOMAに対応した「同FOMA対応版」を2月上旬から順次販売開始すると発表した。

 ネットワークカメラ対応版「iSeePet」は、発売が02年。犬や猫の飼い主は「iSeePet」に付いているネットワークカメラを通じて、外出先のパソコンからペットの様子を確認したり、餌をあげたりできるようになっている。現行モデルは、ペット専門店や家電量販店で販売しているが、「店頭価格が5万9800円前後で販売されている」。今回発表した「iSeePet」は、オープン価格だが、店頭価格5万円前後を見込んでいる。

 今回、NTTドコモの家電機器や住宅設備、玩具などに組み込むとFOMAテレビ電話との連携動作ができるようになる「FOMA AVユニット」を搭載。NTTドコモからのアプローチにより製品化した。「iSeePet360 FOAM対応版」については、3月から販売開始する予定で、予想価格7万円前後を見込んでいる。