アーク情報システム(藤井悦郎社長)は、DVD/CD仮想化ユーティリティソフトの最新版「CD革命/Virtual Ver.9」を1月27日に発売する。

 「CD革命/Virtual」は、パソコンのハードディスク内にDVDやCDを仮想化(圧縮収納)、物理的なドライブがなくてもDVDやCDのデータを利用できるようにするWindows用ソフト。「Ver.9」では新たに、他の同種ソフトでは不可能とされる「StarForce(スターフォース)」などの最新プロテクトが組み込まれたCDやDVDの仮想化にも対応した。

 ラインアップは、ライティング機能を搭載した「CD革命/Virtual PRO Ver.9」と、仮想化機能に特化した「同 Std Ver.9」の2タイトルを用意。「PRO」版では、アルファロムプロテクトのライティングも可能になっている。

 価格は、「CD革命/Virtual PRO Ver.9」が通常版1万4490円、アップグレード版8904円、「同 Std Ver.9」が通常版1万290円、アップグレード版6279円。なお、今回のアップグレードパッケージから、旧バージョンのアップグレード版製品(Ver4.2以降)でも「Ver.9」へアップグレードできるようになった。対象外となるVer.1からVer.4のユーザー向けにも、別途、特別優待販売を行う。